FAIR-HOME since 1946
女性設計士とつくる設計工務店

VOICE
お客様の声

HOME > お客様の声 > 動線の快適さをデザインした家

動線の快適さをデザインした家

手紙

  • 施工箇所のお気に入りポイントはどこですか?

    玄関から、客間兼仏間に入れるところ、シューズクロークを隔てて洗面所、キッチンへと入れることによりお客様に見られないようにと間取りを設計していただいたところです。
    また、サクラの床はいい匂いがします。琉球の塗り壁は沖縄好きな私たちにとってとてもお気に入りです。
    もちろん、玄関のニッチにはシーサーと島ぞうりをかざりました(笑)

    スタッフに何か一言

    初めて米原のフェアホームさんのモデルハウスに訪れた時は、結婚当初で家を建てるのは夢のまた夢の話でした。
    子どもが生まれ、アパートが狭くなり、悩んだ末のマイホームでした。
    いろいろ見学した結果、フェアホームさんに決めたのは、最初に対応して下った堀江さんの優しそうな雰囲気と、同郷であったことにご縁を感じたのだと思います。
    担当してくださった川並さん、同年代で同じくらいの子どもをもつ母として、主婦として、同じ目線に立って考えてくださり、笑顔でわかりやすく説明して下さり、打ち合わせが楽しかったです。
    また、打ち合わせ中子どもの遊び相手になって下さったりとありがとうございました。
    温かいフェアホームさんで家を建てることができて本当に良かったです。

1年点検

  • 1年間経ってみて、以前の生活と一番変わったことはなんですか?

    息子が産まれ、4人家族になったこと。計画を立てていたころは娘と3人家族でしたが、次は男の子!!と想定しながら計画を立てていたことが現実となりました。

    暮らしてみて、一番「これ正解!」と思ったところはなんですか?

    床を無垢材にしたところ!!住み始めたころは、傷がつくと気になっていましたが、(主に娘のいたずらで)次第に味が出てきたなぁ。元気な証拠と思えるようになってきました(笑)まだまだこれから、娘と息子が味を出していってくれるのだと思います。

    何か一言

    家を建て、あっという間の1年でした。家を建てることは一世一代の決心でしたが、帰る場所があるのは幸せだなぁと感じています。子供たちの成長とともに、荷物も増え、今以上に傷が出来たり…とあると思いますが、4人で味のある温かい家庭にしていきたいです。

2年点検

  • 2年間経ってみて、暮らしに対して一番感じることはなんですか?

    子どもが2人になり、下の子も歩くようになり、仲良く遊んでいるかと思うと、けんかをしたりという毎日です。なかなか部屋は片付きませんが、元気に遊んでいる姿を見ると家を建てて良かったなぁと感じています。

    暮らしてみて、一番「これ正解!」と思ったところはなんですか?

    玄関のシューズクロークから、洗面所、トイレ、お風呂と近いこと、また全体的に広めにスペースをとったところ。子供と一緒に手を洗ったり、トイレ、お風呂に行く際、手伝わないと行けないので助かっています。

    何か一言

    家を建てて、あっという間に2年が経ちました。たまに、街中で、テレビの中でと、フェアホームさんの方をお見かけします。声をかけてくださり、覚えてくれてるんだなとうれしく思います。これから子供たちも成長し、いろいろと環境が変わっていきますが、フェアホームさんで設計し、建ててもらった家を“帰る場所=温かい家庭”として大切にしていきたいです。

建築場所: 米原市

icon