家族や子供の安全を守る家とは?

住宅の防犯性も大切です

狙われているのはお金だけじゃないかも?住宅に防犯性能をつけようとしたら、多くのお金が掛かると思っていませんか?

「防犯」大切なのはわかっているけど、万が一のことに対して大金をかけるのはちょっと…。そのお金で、もう少しキッチンや家具をグレードアップしたり、より大きな家にしたい。そんなふうに悩む人も多いと思います。

実は、『防犯対策=お金がかかる』は間違った考えなのです。確かに警備保障会社の通報システムを入れたり、窓ガラスを特別な防犯ガラスにしたり、赤外線やカメラをつけたりすればお金はかかります。しかし、これではいくらお金があっても足りません。

しかも、安心はお金をかけさえすれば必ず手に入るというものではありません。せっかくお金をかけてさまざまな防犯設備を取り付け対策しても、生活する中で、窓や玄関のカギをかけ忘れたり、通報システムのスイッチを入れ忘れたら全く意味がありません。


狙われているのはお金だけじゃない、あなたの命も危ない!

近年、警察の検挙率の低下になどより、凶悪犯罪が増加、かつ多様化していることをご存知ですか。
防犯対策を行う上で大切なことは、まずは「もしかしたら狙われるかも知れない!」という意識を持つことなのです。

「ウチはお金持ちじゃないし」「取られるものもないから」という安易な考えでは、今の時代とても危険です。狙われているのは、お金や品物だけではありません。あなたやあなたの大切なご家族の命が狙われているかもしれないのです。

そんな中、一番大切なことは、“防犯意識”をもって生活をすること!ご自身で今日から出来る対策も実はたくさんあります。

例えば、次のようなものです。


◆ 家族の情報は、むやみにオープンにしない
「表札は苗字だけにし、家族の名前も郵便受けに貼ったりしない」「電話帳104への登録をやめる」「一目で子供部屋だとわかるもの(ぬいぐるみやインテリア雑貨など)を外から見える窓辺におかない」「女性や子供の部屋だとわかるカーテンにしない」「女性の下着を捨てる時は、細かくカットしてから捨てる」「家族の情報が記載されているダイレクトメールやはがきは必ずシュレッダーをかける」などがあります。


◆ 留守だということを悟られないようにして出かける
「帰宅が夜、又は雨が降りそうな日は、洗濯物を部屋の中に入れてから出掛ける」「昼間、全てのシャッターや雨戸を閉めない」「室内でラジオやテレビの音を流しておく」「帰宅が夜になる場合は、室内灯をつけたまま出掛け(またはタイマー付きの照明器具を使用)、夕方になったら照明が点灯するようにする」「車で出かけるときは、駐車場の真ん中に大人用の自転車を置いておく」「中長期不在のときは、新聞配達を一次停止して郵便受けにたまらないようにする」など。

狙われているのはお金だけじゃないその前に、今、皆さんのご自宅の玄関や窓のカギはちゃんと掛かっているでしょうか。家の中にいるからといって犯罪者が入ってこないとは限りません。カギをかけずに生活している方は、今すぐにカギを掛けましょう。窓を閉めたときは同時にカギをしめるクセをつけましょう。また、玄関にドアチェーンや補助錠も忘れずに。そしてこれを、しっかり習慣づけていくことが大切です。
また、身の回りでどのような犯罪が起きているのか、各都道府県の警察署のホームページで調べてみましょう。「空き巣が頻発している」「ボヤ騒ぎが多い」など、身の回りでおきている犯罪や、さまざまな防犯対策について知っておくのは、お金をかけた防犯対策を設置することよりも、まずやっておくべき対策なのです。


知って得する魔法の「小冊子」限定プレゼント