2006年12月

2006年12月号
伊吹山にも初冠雪がみられ、めっきり寒くなってきました。
皆様お変わりございませんか?
今年も残すところ、あとわずかですが、お陰様で、私も忙しく仕事をさせて頂いています。
ありがとうございます。
思い出すと昨年の12月は思いもかけぬ大雪で、皆様もびっくりされたことでしょう。
せっかく新しい家を建てたのに、またリフォームしたのに、雪害などにあってはたまりません。
今年は是非!教訓を生かして、早めの対策をしておいて下さい。

家は放っておけば悪くなる一方。日頃のメンテナンスが何よりも大事です。
例えば「瓦のズレがあったら直しておいて、雨の進入を防いでおく」
「樋の掃除をして、流れをよくし、樋の老朽化を遅らせる」
「換気口のそばに物を置かずに、風通しをよくしておく」
「塗装の剥がれは、小さいうちに自分で塗っておく」
「建具も、おかしいと思ったら、早めに油を差したり、ネジ調節をする」
などなど・・・。解っていてもなかなかできない事ですが、
少しでも自分で管理することで、小さなメンテナンスで済み、
余計な出費をかけることなく、長持ちします。
業者に任せなければならない程の大きな修理になる前に、家も可愛がって、手をかけてやって下さい。

雪も、予報でドンと降りそうな時は、軒下につっかえ棒をしておいたり、
ある程度積もったら、こまめに雪を降ろしてやるようにして下さい。
それだけでも軒や、屋根への負担はグンと軽くなります。
もちろん、雪が降らないのが一番ありがたいんですけど(笑)

小さなことからでも、日頃のメンテナンス、
ぜひ、よろしくお願いします。

どうか皆様、よいお年を!!

知って得する魔法の「小冊子」限定プレゼント