2011年12月

年の瀬もせまり、慌しくなってきました。皆様お変わりないでしょうか。
今年もたくさんの方にご縁を頂き、誠にありがとうございました。
振り返ってみると、平成23年は本当に色々なことがありました。
特に3月11日の東日本大震災。たくさんの方が亡くなられ、被害も甚大なものでした。
被災された方々には、改めて心よりお見舞いを申し上げます。
あれ以来、余震がいまだに日本中で続いています。
東南海大地震のことも色々と危惧されていますが、もしもの時のために、日頃から充分備えたいものです。

私事でも、今年はとうとう還暦(60歳)に達してしまいました。
先日は、嫁いだ娘の家族達が皆で集まり、祝いの宴を設けてくれました。
あらたまると、照れくさい気持ちもありましたが、家族が皆で集まって、自分のために祝ってくれる笑顔を見ると、
こうして元気でいられることが、何よりありがたいことだと感謝の気持ちで一杯でした。
子供の頃「60歳」と聞くと相当なおじいさんに見えたものですが、最近の、いわゆる高齢層と
言われる年代の方を見ていると、見た目も気力も、まだまだ若い方が非常に多いと感じられます。
6月号の素っぴんにも書きましたが、ある施主様のお父様から、
「まだまだ子供みたいなもんや」と言われた事を思い出します。
その時は笑ってしまいましたが、考えてみると、重みのある、元気をいただける言葉だなぁとしみじみ感じています。
支えてくれる家族や、周りの方がいることに感謝しながら、生涯現役のつもりで、まだまだ頑張っていこうと思います。
来年もご指導ご鞭撻の程、宜しくお願い申し上げます。
それでは皆様、よいお年を!

知って得する魔法の「小冊子」限定プレゼント