2011年11月

山々の紅葉も少しずつ色づき始めましたね。皆さんお元気でしょうか?
11月は七五三の時期…。ご家族やご親戚に、七五三のお祝いをされる方もいらっしゃるかと思います。
私にも、近い年頃の孫たちがおりますので、昨年の孫の七五三を思い出しながら、1年の速さを実感しています。
さて、先月号に書いた昼休みのウォーキング、三日坊主にならずにこの1ヶ月間頑張ってます!
始めの1週間は足も張り、腰も痛くなって、どうなることやら…と思っていましたが、
慣れてくると逆に腰痛も楽になり、すこぶる快調!毎日歩かないとかえって落ち着かない感じがします。
今までいかに運動不足だったかを身体が教えてくれるようです。
(なかなかお腹がへっこむところまではいかないですけどね・笑)
だんだんと距離も長くなり、今では3km程は歩いているでしょうか…。
ウォーキングする林道に、大きなイチョウの木が3本あるのですが
そのうちの1本に、見事なくらいにギンナンの実がなっています
(今月の記事でも特集していますが、あの写真の木です。)
なんでもイチョウの木は、実がなるまでに30~40年もかかるそうで、そう考えると、
わたしが小さい頃から、ずっとここで毎年成長しながら、この山々の風景を見守ってきたんだなぁと感慨深く感じました。
このイチョウの木のように、子供たちが強く、逞しく、大きく成長してくれるといいなと、
ふと、一瞬にして孫たちの事を重ね合わせてしまいました。
これから寒くなってきますが、日々、基礎代謝を上げて、元気に冬を乗り切って頑張りたいと思っています。

知って得する魔法の「小冊子」限定プレゼント