2010年4月

2010年4月号
暖かくなりましたねぇ。皆さんお元気ですか?
実は、以前にも書いた事がありますが、事務所の近くには蕨(わらび)がたくさん採れる
秘密のスポットがあるんです。
昨日の昼休みに「そろそろ出始める頃かな…」と、行ってみてビックリ!
例年なら4月の後半頃から出始めるのに、もうすでに初物があっちこっちにニョキニョキと(笑)
80を過ぎたおふくろが喜ぶ顔見たさに、すぐに電話で呼んでみると
ビニール袋いっぱいになるまで採れて、大満足だったようです。
昔から、山菜採りは生活に密着していて、おふくろ達の世代には
山の恵みに、格別の喜びがあるんでしょうな。
そういえば、15年ほど前までは、近くの山の奥には、ワサビが群生しているところが4ヶ所ほどあって
少しずつ採っては、毎年の旬の楽しみにしていたもんです。
ところが山菜ブームというか、観光の時にたまたまみつけたり、
クチコミみたいなもので情報が広がってしまったようで
手軽に車で近くまでいけて、簡単に採れるもんですから
いつのまにか全滅してしまって、まるっきりなくなってしまいました。
たぶん、根こそぎ小さなものまで採ってしまったんでしょう。
タラの芽もそうです。高級食材ともてはやされていますが
以前は時期になると、ちゃんとあちこちに芽吹いたものです。
しかし、小さな芽のうちに木から折ってしまい、持ち帰っては植えて大きくする人がいるようで、
そんなことをすれば、山には、次の年はもうできなくなります。
山道の脇にあるタラの芽は今ではほとんどが枯れた状態…。
なんか、悲しくなりますね。寂しい限りです。
もう少し、自然とうまく付き合っていけないものなのかと…。
食べる分だけを採る!小さなものは採らない!
これからの世代のためにも自然の恵みを大切にしたいものです。
さて!明日の朝、初物ワラビの味噌汁を楽しみにして、もうひと仕事頑張ります!

知って得する魔法の「小冊子」限定プレゼント