2009年8月

2009年8月号
みなさん、こんにちは!!長かった梅雨も、やっと!明けましたね。
少しは、カラッと過ごし易くなるでしょうか。
しかし今年は、短い夏になりそうな予報で、ホッとするような、少し寂しいような…。
さて。ご存知のとおり、9月1日は防災の日です。
これは、大正12年の9月1日に発生した、関東大震災の被害を忘れないため、
また、秋に集中する台風への心構えを促すために、制定された日なんだそうです。
もう、50年以上も前になりますが、伊勢湾台風の時、近くの道路はズタズタ、
川も大反乱の状態で、我が家や近所、見渡す限り大変な光景だったことを
当時まだ小さかった自分でも、よく覚えています。
あまりにひどい雨で、どこの家でも、家中のあちこちに、
バケツで雨漏りを受けていたのを思い出します。
最近では台風に限らず、局所的な大雨で、深刻な被害があちこちで報告されています。
自然の猛威の前では自己防衛をするのがやっと…。
災害が起きたときに、あわてずに避難できるよう、「非常持ち出し袋」を準備しておきましょう。
また、準備してある方も、今一度、点検をしましょう。
また、詰めたまま何年も放置…という事もありがちです。
非常食を、防災の日に食べて、入れ替えれば、いざ!というときの期限切れを防げます。
また、取り出しやすい場所に、保管しておくことも大切です。
大きな災害が起きないことが何より一番ですが、「備えあれば憂いなし」
気持ちだけは、引き締めたいものです。

知って得する魔法の「小冊子」限定プレゼント