2009年7月

2009年7月号
毎月読んでいただいてありがとうございます。
もうすぐ梅雨も明け、また暑い夏がやってきます。
夏といえば「土用の丑の日」今年は19日と31日!
嬉しいことに、土用丑が2回もあるんです!!
以前にも話したかと思いますが、私はうなぎが大好物!
特に関西風の、香ばしい肉厚のあるものが一番好きです。
関東と関西で全く違う「うなぎの蒲焼き」
関東は、背開きにして白焼きしてから、蒸し器で蒸してタレをつけます。
これは武士文化の残る関東で「腹を開く」事は、切腹を意味し縁起が悪いとされ、
古来から背で開いてきたのだそうで、
一方、関西は商人文化なので、「腹を割って話せる」ことは良い事とされ、
腹開きになったとされるそうです。
文化の違いで間逆の捉え方をするんですね。
関西は香ばしさが、関東はやわらかさが特徴で、好みが分かれるところかと思います。
他にも、地域性で変わる食べ物は多いもの…。
白味噌と赤味噌、うどんのだしの色、ねぎも「関東の白ねぎ」「関西の青ねぎ」と分かれ
お正月のお餅も「丸もち」「角もち」などなど…数え上げればキリがありません。
特に我が事務所、中部と関西の境に位置するせいか
両方を身近に見ることができるので、非常に面白いです。
南北に長い日本の歴史を垣間見るようですね。
とはいえ、北海道や九州・沖縄までだって、2~3時間程度で行けてしまうご時世。
だんだんとそんな文化や、土地柄の違いも少なくなっていくのでしょうか(寂)

さぁ!暑い夏、身体にいいものいっぱい食べて、
パワーをつけて頑張っていきましょう。

知って得する魔法の「小冊子」限定プレゼント