2014年11月

めっきり朝夕寒くなりました。
皆さんお元気でしょうか?
事務所の裏山の木々も色づき始め、
季節の変化が手に取るようにわかり、和ませてくれています。
先日の米原構造見学会には、たくさんの方に来ていただき、本当にありがとうございました。
隠れてしまう構造体、興味を持って来ていただけること、
地元密着の工務店としてこれほど嬉しいことはありません。
今後とも宜しくお願い致します。

さて、ここ何年か恒例で年一回は勉強をかねて、
有名人の講演を聞きに行くのですが、今年はあの最高齢80歳でエベレスト登頂に成功した
冒険家スキーヤーの三浦雄一郎氏の次男、三浦豪太さんの講演でした。
雄一郎氏は70歳、75歳、80歳と3度の登頂に成功。
そのサポート役としての裏話やら大変楽しく勉強になる内容でした。
豪太さんは、前回の登頂の際、自分が張り切り過ぎて酸欠になり死に直面…。
スタッフに大迷惑をかけたそうです。
登山で一番大切なことは、目いっぱいの力で登らないこと。
登りより下山の方が困難で、相当の余力を残しておかないと成功しない。
今回は綿密に工程を作成し、スタッフ1人1人、
役割分担を徹底し信頼してまかせる方針での登頂成功とのことでした。
自分の力は微々たるもの、いかに目標に向かってスタッフ全員がひとつになるか、
それが何より必要であり、大切なこと!
今更とわかっていても、つい日頃独りよがりになってしまう私には改めての教訓でした。
また、70歳での登頂の時、頂上での父雄一郎さんの一言
「せっかく成功したのに、これだけ曇っていては何も見えず楽しくもない、
5年後にもう一度景色を見に来よう。」
75歳の登頂はこの一言から始まったそうです。
その冒険心、挑戦心、並ではない!!そのための体力を維持するのも相当の努力が必要。
なんでも70歳過ぎても筋力は増すそうです。
私もたまに「社長、まだ若いですね~」と言ってくれる人がいます。
そんな時は素直に喜ぶことにしています。
やっぱり、気は心からですからね!
そんなわけで、今回もかなりの刺激を頂きました。
寒い冬に向かって頑張りましょう!!

知って得する魔法の「小冊子」限定プレゼント