2018月5月

3月の終盤には夏日になって半袖で過ごせたのに、4月になってまた冬に逆戻り。
皆さんお元気でしょうか?それにしても今年の桜は早かった。
本社付近はいつも4月中旬ごろに満開、それなのに今年は10日~2週間も早く満開状態でした。
彦根で4月初旬に予約制完成見学会を開催した時も、彦根城付近の桜はすでに満開を過ぎ、
ほとんど黄緑状態でした。彦根城桜まつりも少々盛り上がらなかったようです。
予約制完成見学会にご来場いただいた皆様、本当にありがとうございました。

さて、長年この職業をさせていただいていますが、家を建てる前にはほとんどの方が地鎮祭を行われます。
弊社でも神主さんのご紹介とかいろいろお手伝いもしていますが、その儀式で使われるものに玉串しが
あります。そうサカキ(榊)です。地鎮祭で使用したサカキをいつも何本かいただいて帰り、事務所の
神棚に供えるのですが、市販されてるものより随分と長持ちします。やはり神社の境内にある自然の
サカキだけのことはありますね~。
毎月何回か取りかえるサカキ、こんなことなら自分で育ててみようと思い、最近1m程の苗を2本買って、
事務所近くの空地に植えました。かなり速く育つそうなので楽しみにしていたのですが、1週間もしない
うちに葉っぱが丸裸にされてしまい…。思わず「え~!!??誰の仕業??」まさかでした。
人家にも近く、車も多く大丈夫だと思っていたのが大油断!
そう、鹿に食べられてしまいました。がっくり!
まだ、小さな葉っぱが2~3枚残っていたので、田舎ではご存じの柵を施した畑の中にすぐ移植です。
こんな時期でも鹿が里にきて、それもサカキの葉っぱを食べるとは…。
山にはいろんな木が若葉を茂らせているにも関わらず、せっかく植えたサカキを狙われるとは…。
他の葉よりも美味しいんでしょうかね~~。納得いかない事件でした。
柵の中で野菜やらの物づくり、こんな状況では仕方ないんでしょうが、これだけ獣被害が出るような時代
を誰が想像したでしょうか?昔の田舎の風景やら生活が懐かしいですね~。そうあの昭和の時代が…。
それではまた次回!!

知って得する魔法の「小冊子」限定プレゼント