2014年12月

流行語大賞や紅白の話題がテレビから流れてきて、気がつけば年末…。
「もうそんな時期…」とびっくり!!早いもんですね~。
年を重ねる度に益々加速する時間の速さを痛感しています。
皆さんお元気でしょうか?
まだ、今年はインフルエンザの話題もあまり出てないようですが、
備えあれば憂いなし。予防接種に行ってこようと思ってます。
型は違っていても、接種しない場合よりも相当軽く済むらしいです。
そういえば、今年の2月、型違いに感染したとき、熱もほとんど出ず、
とても楽だった事を思い出しました。ただ、うつるといけないから4日間の
自宅待機…と言われ、何処へも行けなかったのには参りました。
じっとしているのが何より苦手な性分、動けないってツラいですよねぇ。

さて、先日所用で出かけた時のこと。
富山へ行き、北陸まわりで東京に寄り、帰ってくる行程です。
「大垣駅から大垣駅の乗車券ください」というと、
窓口の駅員さん「…ん?(困惑顔)」
「大垣から北陸まわりで、東京、大垣まで帰ってくる切符ですが…。」というと、
「そんなのめったにないですが、買えますよ」と。
東海道・北陸・信越・ほくほく・六日町…路線名が書ききれず手書きの所も(笑)
買ってみて気づいたのですが、26.11.11の日付。
そう、昭和と平成が違うだけで26年の11月11日は私の誕生日!
せっかくなので、この乗車券はもちろん、
他の特急券も途中下車した駅で「記念にするので頂けないでしょうか」と言って、
乗車記念のスタンプ押してもらいました。
普段はとんぼ返りが多く、忙しく動き回っていますが、
距離の長い乗車券は何日間か有効なのだそうですね。
時間があれば、ぐる~っと回って、のんびり鈍行列車で旅したいものです。
慌ただしく出掛けていた63歳の誕生日。
思いがけず記念切符といういい誕生日プレゼントになり、
生涯忘れられない思い出になりました。

それでは、また来年も宜しくお願い致します。
よいお年をお迎えください。

2014年11月

めっきり朝夕寒くなりました。
皆さんお元気でしょうか?
事務所の裏山の木々も色づき始め、
季節の変化が手に取るようにわかり、和ませてくれています。
先日の米原構造見学会には、たくさんの方に来ていただき、本当にありがとうございました。
隠れてしまう構造体、興味を持って来ていただけること、
地元密着の工務店としてこれほど嬉しいことはありません。
今後とも宜しくお願い致します。

さて、ここ何年か恒例で年一回は勉強をかねて、
有名人の講演を聞きに行くのですが、今年はあの最高齢80歳でエベレスト登頂に成功した
冒険家スキーヤーの三浦雄一郎氏の次男、三浦豪太さんの講演でした。
雄一郎氏は70歳、75歳、80歳と3度の登頂に成功。
そのサポート役としての裏話やら大変楽しく勉強になる内容でした。
豪太さんは、前回の登頂の際、自分が張り切り過ぎて酸欠になり死に直面…。
スタッフに大迷惑をかけたそうです。
登山で一番大切なことは、目いっぱいの力で登らないこと。
登りより下山の方が困難で、相当の余力を残しておかないと成功しない。
今回は綿密に工程を作成し、スタッフ1人1人、
役割分担を徹底し信頼してまかせる方針での登頂成功とのことでした。
自分の力は微々たるもの、いかに目標に向かってスタッフ全員がひとつになるか、
それが何より必要であり、大切なこと!
今更とわかっていても、つい日頃独りよがりになってしまう私には改めての教訓でした。
また、70歳での登頂の時、頂上での父雄一郎さんの一言
「せっかく成功したのに、これだけ曇っていては何も見えず楽しくもない、
5年後にもう一度景色を見に来よう。」
75歳の登頂はこの一言から始まったそうです。
その冒険心、挑戦心、並ではない!!そのための体力を維持するのも相当の努力が必要。
なんでも70歳過ぎても筋力は増すそうです。
私もたまに「社長、まだ若いですね~」と言ってくれる人がいます。
そんな時は素直に喜ぶことにしています。
やっぱり、気は心からですからね!
そんなわけで、今回もかなりの刺激を頂きました。
寒い冬に向かって頑張りましょう!!

2014年10月

澄んだ青空もクッキリ!
過ごしやすい季節になりました。
皆さんお元気でしょうか?
毎月のレター、この素っぴんも、数えて101回目になりました。
こんなに続けてこられたのも、読んで下さる方がいるからこそ。
拙いレターではありますが、100回の節目を過ぎて原点回帰!
また新たな気持ちで続けていきたいと思います。

過ごしやすい行楽の秋。
ただ、悲しいニュースも…。そう、御嶽山の噴火。
私も、頂上まで登ったことはありませんが、7~8回ほど訪れたことがあり、
この季節のあの素晴らしい紅葉は、今でも脳裏にしみついています。
3000m級の山の中でも、比較的、気軽に登れる山。子供連れの人もいたとか…。
連休でお天気、しかも、一番登山する人が多い、昼頃の突然の噴火。
青空が一変、熱風・岩石の飛来…想像するだけでも身の毛がよだつ。
活火山はまだまだ未知の領域が多く、自然の猛威には油断禁物と
いうことなんでしょうが、今後は観光地にもいろいろ規制が設けられるでしょうね。
被害にあわれた方、関係者の方に、心からお見舞い申し上げます。

さて…話は変わりますが、先日のこと、昼食を買いにコンビニに寄りました。
そこでお会いした奥さん、もう4年以上前に新築させていただいたHさんでした。
「こんにちは!お元気そうで何よりです。」「あら、こんにちは。社長もお元気そうで」
こんな会話の途中、思い出しました。「確か、娘さんカンボジアに行かれたんでは?」
「そう、まだ行ってますよ。アンコールワットの近くの、日本人が経営する
クッキー屋さんに…」「えーっっ!!ほんならシュムリアップの、あのお店?!」
しもた!事前に調べとけばよかった。実は、お土産を買いに皆で立ち寄った所…
有名なお店でした。(マンゴーのかき氷もうまかった!笑)
建築期間中に何度かお会いしている娘さん。
単身でカンボジアに行って暮らすなんて凄い!
ただ、そんな時、故郷(滋賀)の知り合いから声をかけられたら、
どんなに喜んで貰えただろうか…。ん~!まさかまさかの大失敗!
まだ後悔が残っているこの頃です。
どんなご縁で繋がるかもしれない人間社会。
繋がったご縁を日々大切にしたいものです。
それではまた来月!

2014年9月

皆さんこんにちは!
今年の夏は近年になく過ごしやすかったですね。
ただ広島をはじめ、各地での甚大な水害、被災者の方々や関連する方々には
お見舞い申し上げます。
以前にも書きましたが、私自身も12年前水害にあい、床上60センチまで経験しています。
その時の肉体的、それにも増す精神的な疲労は言いつくせるものではありません。
少しでも早く復旧されることを願っています。

ところで、カンボジア…第二弾!
今回は建物以外その他モロモロです。
とにかく生水ダメと言われ、鞄の中身は半分ペットボトル(笑)
でも、それほど心配することはなかった。
一応売ってました。ただ、とても高価でビックリ!
一般的な年収が日本の15分の1程なのに対して、水や電気代は日本よりも高い!!
それだけ貴重ということなんでしょうな。
日本の水の恵みに改めて感謝でした。
またトイレもすごい!!少し田舎に行けば、いまだに青空天井!
家の奥の林で済ませるとか。
最近やっとトイレらしきものが普及し始めたよ…とガイドさん。
高床式で2階の板の間が生活の場所、下が物置、ハンモックが吊ってあり昼寝とかも…。
一番驚いたのが、世界遺産での立ちションが許されること…。
「トイレ行きたいんやけど?」
「あの遺跡の陰で済ませて下さい。木々のコヤシになるからいいですよ。」と。
でもさすがにそんなわけにはいかず、次のトイレまで我慢でした。
喫煙は指定場所もなくOK(笑)…昔の日本のようです。
しかし、急速に発展を遂げているカンボジア。
トイレはもちろん、喫煙場所も近い将来、整備されることでしょう。
またどの遺跡に行っても、小学生くらいの女の子が“クロマー”と呼ばれる
伝統的な手織り布を売りにくるんですわ。
初めは2枚1000円、3枚1000円、7枚2000円…あまりのしつこさに「ノーサンキュウ」
返ってきた言葉が「アイドントノーサンキュウ」えーっ?! 思わず噴き出してしまいました(笑)

今回改めて恵まれている日本に大感謝。
生きていくには欠かせない水。
しかし自然は恵みだけではありません。
近年自然がもたらせる災害も多く…自然と共存することの大切さもとても感じました。
それでは、また!

2014年8月

本格的な夏がやってきました。
皆さんはお元気でしょうか?
弊社もおかげさまで、創業69年目、来年には70年を迎えます。
今後とも宜しくお願い致します。

さて、先日7月24日~27日に、忙しい中ではありましたが、3泊4日で、
何年かぶりに海外に社員研修旅行に行ってきました。
選んだ先は…、思い切ってカンボジア!!
とにかく世界遺産のアンコールワット、アンコールトムが見たい!
…ということで留守番は2人のスタッフに任せ(申し訳ない;)
総勢6名、セントレアからベトナムのホーチミン経由でカンボジアの
シェムリアップまで乗り継ぎも入れて8時間半。自宅からトータルで約13時間。
カンボジアまで直通便がないので意外と時間もかかりましたが、
まだまだイケイケ(?)で疲れも感じず、時差も2時間、
それほど気になりませんでした。
早速、翌朝4時起きでアンコールワットの朝日見学です。
期待はしていましたが、想像以上で大衝撃!神秘的でした。
遺跡は1000年も前のヒンドゥー教の建物で、総石造り。
ツアーの間中、現地のガイドさんに、いろいろと質問攻め(笑)
「よ~1000年も壊れんと残ってるもんやね?」と聞くと、
「日本と違って地震がないんです」と。
おぉ!なるほど!地震の多い日本ならとっくに崩壊してるはず(の造り)や…と。
規模の大きさ、石に彫られた彫刻、
ヒマラヤ山脈をイメージしたいくつもの塔は一番高い所で約65M。
よくこんなもん造ったな~と感心しきりでした。
また、そんな遺跡が1か所だけではなく、アンコールトムとか、
シェムリアップの町の廻りだけでも何か所もあり、遺跡群になっているとか。
「この遺跡が1か所でも日本にあったら、ほんまにすごい観光地になるで」と、
ちょっと独り言(笑)ジャングルの中に埋もれていたものを、フランス人が見つけ、
約100年前から、現地の人と協力して発掘してきたそうです。
丸2日間、てんこ盛りの遺跡見学。歩きっぱなしで、身体はクタクタ!
蒸し暑く、汗も半端なく、とにかくしんどかった。
ただ、1度はみておいたほうがいいと思うお勧めのアンコールワットでした。
もっといろいろ書きたいことがあるのですが、また来月ネタにとっておこうと思います。
それではまた…。

2014年7月

皆さんお元気でしょうか?
今年は空梅雨なんでしょうか。
6月初旬に梅雨入りが発表されていますが、雨がとても少なく感じます。
ジメジメとした梅雨は嫌いですが、しかし作物には雨も必要ですね。
まだまだ梅雨期間中。あっという間に天候が変わり、集中豪雨なんかもありそうです。
災害には常日頃より充分気をつけたいものです。
さて最近、月に1~2度、勉強会やらヤボ用で出張する時、よく駅弁を食べます。
車窓からの景色を見ながらのひとときはほっと一息つけ、気分がいいもんです。
最近はいろんな種類の弁当があり、衝動買いしてしまうこともしばしば。
ただやっぱり行き着く所は幕の内弁当!!
なかでも、名古屋や岐阜羽島管内で売ってる復刻弁当。
昭和中期の懐かしい味…おすすめです。
値段も600円台と駅弁としてはリーズナブル。
機会があったら食してみて下さい。
ところで…なんで幕の内弁当なんでしょうね。意外と知っていそうで知らない語源。
私も最近まで知りませんでした。62歳にもなるのに…(笑)
まあなかなか機会がないと調べたりもしないのかもしれませんが…。
教えてくれたのが…東京で買った駅弁の裏ふた。ちゃんと語源が書いてある。
興味津々で読んでしまいました。歌舞伎とか芝居の幕間を利用して
役者や観客が食べたところから幕の内と言われるようになったとのことでした。
“ヘぇ~なるほど!なにげなく使ってる言葉にもいろいろ意味があるんや”
また、裏ふたの些細な工夫。“何か工夫すること”ますます大切な時代でしょうね。
…ちょっとしたいい勉強をさせて頂きました。

話は変わりますが、この度7月12日よりフェアホームの彦根店を開設します。
また気楽に寄って頂けたら幸いです。
本社共々、彦根店の方もこれからも宜しくお願い致します。それではまた。

2014年6月

もう6月!1年の半分が過ぎようとしています。
ウクライナやタイ、世界情勢も緊張の多いニュースが
毎日流れてきますが今のところ平和な日本。
毎日が平穏に過ぎるのはありがたいことです。
皆さんはお元気でしょうか?

さて、少し前からのマイブーム…時代小説ですが、
なんと、10ヶ月で220~230冊程、読破してしまいました。
以前まで歴史というと、人並みに人気のある変革の時代、
戦国時代や明治維新が好きで、実は江戸時代にはあまり興味がなかった。
昔、あんなにも歴史のテストの時、覚えにくかった江戸時代…
でも最近は、江戸中期~後期がメチャ面白い!!
時代小説ひとつでこんなに変わるものかと…(笑)
架空の人物の小説ですが、その背景は歴史上の人物がいっぱい出てきて、
その時代のことがよく理解できるまでに…。
たとえば歴代徳川将軍の名前も、どんな人物だったのかも、かなり詳しくなりました。
幕府内の役職とかも知ってみると、意外と面白いものです。
テレビで何となく見てた時代物も、より一層面白みが増してくもんです。
今、世界各地で起こっている政治や変革の歴史も、後の世から見たら、
教科書の1ページの、ほんの片隅に載るだけの、小さな出来事なのかもしれません。
年を追うごとに月日の経つのが早く感じるこの1年も長い歴史の中では、
更にほんの1瞬の出来事なのでしょうな。
未来の子供達の目に、今の時代はどんな風に写るんでしょうか。
頭の体操がてら始めた読書、まだまだ続きそうです。
もともと文系とは縁遠く、理系で、読書もめったにしてなかったので幼少期に、
こんなふうに時代小説に興味を持っていたら、今はもっと違った道を歩んでいたのかも(笑)

あっ!そうそう、最近の古本コーナーは、ばかに出来ませんねぇ。
古本といっても新品同様のものがほとんど!
値段も半額かそれ以下の金額。
長編物なんか1度に揃うので10~15冊まとめてという時も重宝してます。

これから梅雨時に入り、読書にはもってこいの時期(笑)
こんをつめないように楽しみたいと思います。
皆さんも体調にはくれぐれもお気をつけて!
それではまた。

2014年5月

若葉のまぶしい気持ちのいい季節になりました。
皆さんお元気でしょうか?
消費税も上がり一時の駆け込みも一段落、
8%も、なんか当たり前って感じで…慣れってすごいもんです。
ただ本当に経済は良くなってるんでしょうかね~。
今後の更なる増税が頭打ちにならないといいんですが…。

さて少し寂しい話になりますが、先日同年代の旧友が亡くなりました。
よくスキーにも一緒に行き、楽しい思い出が一杯の友人です。
まだまだ早すぎる!!
2、3日いろんな思いが頭をよぎり気落ちしてたんですが、
そんな折、いつもの理髪店へ行った時のことです。
隣に座ったおじいさん、えらい声もハツラツで、とても元気な方でした。
「おじいさんいくつですか?」と私。「92歳やで。」とおじいさん。
「へぇ~元気ですな~、私62歳なんやけど、まだ30年もありますわぁ。」と。
すると…「62歳!なんやまだガキやんか!」と。
ん~いつか聞いたような話やなぁ~そう3年前、ある施主様のお父さんが私に
まだ子供みたいなもんやんか…と言われたことを思い出し…。
今回は“ガキ”かぁ~(笑)
いろいろ話していると、そのおじいさんは少し前まで車イス生活やったらしい。
でも今は普通に歩いておられる。リハビリでここまで回復されたということでした。
おじいさん曰く「88歳越したら、まだまだ生きられるで!!」
2、3日気持ちが沈んでいたのが、一気に元気を取り戻した感じでした。

前にも書いたことがありますが、ある先人の心に残る言葉。
「青春とは人生のある期間ではなく、心の持ち方を言う…(中略)…
理想を失う時初めて老いがくる」
それではまた!

2014年4月

4月になりました。
皆さんお変わりないでしょうか?
花粉、黄砂、PM2.5。海の向こうの大陸からの嬉しくない贈り物。
何でも…黄砂とPM2.5が合体すると、
100倍近くの発がん性があるとか。
気候も良くなり、気分も晴れる時期なのに…困ったもんです。
とは言っても、風に乗って飛んでくるのを防ぐ手立てはなし。
…今のところは、自己対策するしか手段がなさそうです。

さて、今月1日から消費税も8%に…。
皆さんは買い溜めされましたか?
買い溜めしてもほんの気休めくらいにしかならないと思っていても、
やっぱり私も…(笑)
増税前最終日、タイヤを新しく入れ替え、
おまけにスタンドに行きガソリンを入れ、
帰宅途中に大好きな芋焼酎を一升瓶で2本買いました(^^ゞ
5%から8%。
…たった3%と言っても、家計にしてみると、厳しいものがあります。
しかし国としても、国民1人当たりの借金が800万円超えとか。
8%、10%と税を上げないと国もやっていけないのは
何となくわかる気もします。
税金を納めるのは国民の当たり前の義務ですが、
無駄なことには使ってほしくないのは…誰もが同じ!!
公共工事も20年ぶりくらいに活発化し、
景気もほんの少し上向きな感じですが、
何か根本的な改革がないと、我々の子供、孫の時代に、
負の財産ばかり残してしまいそうですね。
今月はボヤキばかりになってしまいました。

これからは新緑シーズン。
若芽がどんどん成長していくように、
前向きに頑張りましょう!
それではまた!


2014年3月

日増しに暖かくなり過ごしやすい季節となりましたが、
皆さんお変わりないでしょうか?
今年の冬は湖北地方は雪が少なく、心配していた屋根の雪おろしや、
重機での雪かきもほとんどすることなく…
おかげさまで現場も順調で、私にとってはありがたい冬でした。
ただ、いつも降らない地域に豪雪の報。
テレビを見ていて、湖北では当たり前と思えるほどの積雪量…
普段降らないところに降ると、雪害もあんなに甚大なものかとビックリでした。
しかし、当たり前と思っていて気がつかなかったけれど、
それは除雪対策などがしっかりされているからであり、
そのことに感謝しなければなぁ~と、改めて感じました。
孤立する集落、野菜や果物のハウスの倒壊、
道路の通行止め…等、相当な損害。
被害に合われた方々には心よりお見舞い申し上げます。
それにしても、近年いろんな自然災害が多い。
温暖化も関係しているのでしょうか?
日頃から非常の時の対策はしておきたいものです。

雪害の一方で、雪の恩恵にあずかっている部分があるのも事実で、私もそのひとり。
正月から復帰したスキー。案の定もう5回も行ってしまいました。
やっぱり凝り性は治ってなかった!
朝9時から夕方4時まで、飽きもせず滑ってます。もちろん孫も一緒です。
おかげさまで、ひざ痛もなくなり、筋力も少しはUPしたようです。
しかしスキーをした後のビールはメチャうまいですな。
普段、パソコンと向き合い運動不足での晩酌とは大違いです(笑)
雪も降りすぎると困りますが、自然の恵みに感謝感謝です。
昔よく行った信州…。
今でも目に焼き付いているのが、八方尾根の上空の澄み切った
吸い込まれるような青空。戸狩から見た信濃川の雄大さ。
この分だと春スキーにも行ってしまうかも。
雪山が私を呼んでいる(笑)
それではまた!


2014年2月

毎日寒い日が続きますが、皆さんお変わりないでしょうか?
ちまたでは、ノロウィルス・インフルエンザが大流行のきざし。
流行り病には感染したくないもの。まめに手洗い・うがい、私もやってます。
外出の時はマスクも必需品にしています。

今年に入って、凝り性の私に新たなマイブームが…。
これも一種の流行り病みたいなもんですな(笑)
30年ぶりにスキーへの情熱が復活してしまいました。
正月休みのことですが、名古屋の娘夫婦と孫に誘われ、思い切ってスキー場へ。
当然、道具もウェアーもなし。レンタルスキー1式借りて、いざゲレンデへ!
リフト降りていきなり転倒!!アイスバーンだったので恐怖心がふつふつと…。
まぁゆっくり滑ればなんとかなるやろ~と思いつつも…
体重のかけ方がもうちょい戻らない。
しかし、1本目途中くらいになると結構思い出すもので、
意外とスムーズにターンも出来る。…よし!!
パラレルターン、ウェーデルンを何とかこなし、
2本目・3本目になると昔程ではないけど、まあまあ納得!
娘夫婦はボード。ただ小4の孫娘がスキーなので、一緒に滑ろうと誘われ、
夢中になってしまい、リフト15本分も滑ってしまいました。
おかげで身体全体筋肉痛でパンパンになりましたが、これがまた快感に(笑)
流行り病は重症化し、すぐにマイスキー、ウェアーを買ってしまいました。
翌週も誘われ、またゲレンデへ。滑ってみるとレンタルとは全然違う。
操作もしやすく、ターンも簡単に出来る。ますますはまっていく自分。
62歳になっても凝り性は健在でした。
今週も誘われることを想定してスケジュールも万全(笑)
本当は1人でも行きたい気持ち満々!
いい運動にもなるし、孫とのコミュニケーションには抜群!
できる限り続けていこうと決めました。
今シーズン、あと4~5回は行きたいものです。
健康なうちですからね。
それでは、また…!

2014年1月

明けましておめでとうございます。
本年もどうぞ宜しくお願い致します。
皆さんそれぞれいろんな思いで新年を迎えられたことと思います。
誰もが笑顔で暮らせる一年であって欲しいものだと思っています。

振り返ってみると、2008年のこの素っぴんのお正月の挨拶に
書いたのですが、経済の循環というのがあって、
平成20~24年は「反省から回復の時代」
25年~28年は「好景気が訪れる時代」と言う予測。
大まかではありましたが、昨年からは少しずつその予兆も見られる様になりました。
ただ消費税も今年から8%、来年からは10%に移行。
好景気とは言うものの、各個人の生活が潤うかと言うと疑問のところもあります。
多少でも笑顔で暮らせる世の中になって欲しいものです。

さて恒例のげん担ぎ。
正月には恵方を向いて少し窓を明け、よい運気をもらいながら雑煮を食べる。
今年は甲の方向(寅卯の間)
真東よりほんの少し北(10度位)です。
ものは試し。正月早々ラッキーな事があるかも…。
寒い日が続きますが、皆さん体調にはくれぐれも気をつけて。
それではまた来月!!

知って得する魔法の「小冊子」限定プレゼント