2017年01月06日

2017年1月

あけましておめでとうございます。
2017年、一白水星、丁酉年、皆様それぞれ気持ちも
新たに新年を迎えられたことと思います。
昨年は、米大統領選挙、イギリスのEU離脱、
中国の海洋への実効支配等、
世界情勢の不安定さが目立ついろんなニュースがありました。
そんな中での実態の経済が伸びない日本、少しでも安定した
豊かな暮らしができるよう期待したいものです。

さて、先日のことですが、ある御客様から「家の構造を見せて
ほしい」と言われ、進行中の現場をご案内させていただきまし
た。いつもよく言われるのですが、現場に入った途端、
「木の良い香りがしますね~」「そう、桧や杉の香りです!」
先日テレビを見ていたら、なんでも今お隣韓国では、
日本の桧材ブームが起きているそうです。
元々、日本の桧は世界トップレベルの建築材です。
桧の強度は伐採してから200年間は強くなり、その後1000年かけて徐々に弱くなると
言われています。法隆寺や薬師寺の塔は1300年経過していますが、今現在でも伐採時
と同じ強度といえます。耐久性、保存性、アロマ効果、殺菌性にも優れている日本の桧!
前回にも書きましたが、荒れ放題の日本の山々、
林業の活性化が進むような時代がきてほしいものです。

それでは毎年恒例の、お正月に恵方(歳徳神)に向いて雑煮を食べる!という我が家の伝統行事。
今年の方角は、亥子の間(真北より15度ほど北西より)です。
一度試されては、いかがでしょうか。正月早々福がありますように…。
本年もどうぞよろしくお願い申し上げます。