2011年04月14日

2011年4月

大震災から1ヶ月…。犠牲になられた方々のご冥福を深くお祈りし、
被災された方々に心からお見舞い申し上げます。
実は私も、岩手の宮古市に古くからの友人が居り、
震災以来消息がわからず、ネットなどでも調べているのですが
手がかりひとつありません。三陸海岸に面することもあり、
大きな被害を受けた場所なので、心配でたまらないのですが、
今はただ、なんとか無事で居てくれることを願うばかりです。
先日、弊社の協力業者さんに電話をかけたところ
「今、東北の山田町(宮古市の隣町)に来てます。
報道では見ていましたが、実際の現場を見ると、
想像を絶する光景に、何もできない自分が腹立たしいです。」との事…。
なんでも、NPO関係で支援物資を届けにきているとの事でした。
交通も寸断され現地に赴くのも大変な中、本当にご苦労様でした。
弊社では義援金を送ることくらいしかできていないので
直接、被災地にお手伝いに向かった行動力に頭が下がります。
現地に赴くことはできなくても、自分たちに今、何ができるか…
今後の復興に向けて、自分はどうしたらいいのか…
思うところはたくさんありますが、そのひとつとして、
東北地方の地場産業のものをできるだけ選んで消費すること…。
それも大切なのかと思っています。
なんでも今、「ハナサケ!ニッポン!」という運動があるそうで、
被災した東北の蔵元さん達が「お花見を自粛するのではなく、
東北のお酒を飲んで、消費して、復興を応援して欲しい。」
という主旨のものだそうです。
それなら私にもできる!
長く持続的な支援につなげていきたいと思っています。